Youtubeチャンネル『Yoshiの靴磨きログ』はこちらから(^^♪

【最低限のモノで暮らす】ミニマリストを4年間続けて感じた3つのメリット

ミニマルライフ
この記事でわかること
  • モノを持たない暮らしで得られるメリットがわかる
  • ミニマリストに興味が湧くきっかけがわかる

どうも!外出しようとして自転車に乗ったものの強風であきらめて家に帰ってきたYoshiです(^^)/

皆さんはミニマリストという存在をご存知でしょうか?

Yoshi
Yoshi

ミニマリストっていうワードは知ってるけど深くは知らないかも…。

ミニマリストとは簡単にまとめるとこんな人達のことです。

自分の生活に必要最低限のモノだけで暮らす人達のこと

わたしがミニマリストという存在を知ったのは本屋さんで出会った一冊の本でした。ミニマリストについての生活を紹介している本で、新居のような部屋で生活している彼らが信じられなかったのを今でも覚えています(;’∀’)

そんなわたしも、現在ではミニマリストです(笑)

Yoshi
Yoshi

人生って本当に何が起こるかわからないよな~(笑)

実際に自分がミニマリストになったことで、新たな価値観や暮らしの気づき、そして生き方の考え方などいろんなメリットを感じています。

そこで今回は!5年間で3度の転勤を経験したのをきっかけにミニマリストになったYoshiが、

  • ミニマリストになって感じた3つのメリット
  • モノを持たない暮らしの魅力

について、ミニマリストに興味がある人に向けて紹介していきたいと思います(^^♪

Yoshi
Yoshi

「自分のやりたいことがいまいちわからない…」という人にも参考になるから是非読んでみてね!

スポンサーリンク

ミニマリストになることのメリット

【強制的な環境づくり】本当にやりたいことに集中できる

Yoshiの現在の部屋です( *´艸`)ちなみに現在掃除機は捨てたのでありません。
ミニマリストになって感じたメリット①

本当にやりたいことに集中できる

というのも、モノに囲まれない空間にすることで強制的に様々な誘惑を生まない環境にできるから。

例えば有名な方の例だと、メンタリストのDaiGoさんの仕事部屋が挙げられます。

DaiGoさんのYouTube動画を見ると四方を棚いっぱいに溢れんばかりの本に囲まれた図書館のようなお部屋です。

Yoshi
Yoshi

たしかにDaiGoさんの仕事部屋は本しかないから本を読むかPC作業などの仕事しかできない環境だよね。

また、上の写真は私の現在の部屋です。ここには私の本当にやりたい好きなことしかできない環境になっています。

反論子さん
反論子さん

家はくつろぐための場所でしょ??

何もモノがなくなったらすることがなくなるじゃない!

反論子さんの言う通り、モノがなくなるとすることがなくなります。テレビを見ながらゆっくり休みたいという方もいるはずです。その楽しみを否定するわけでは決してありません。

ですが少しだけ、時間を奪うモノを無くすことができたらどうなるか考えてみませんか?

Yoshiが手放した時間を奪うモノ
  1. テレビ(2時間/日の時間を奪っていた)
  2. ソファー(1時間/日の時間を奪っていた)

つまり時間を奪うモノを手放すことで何もしない時間(=余白の時間)が手に入ります。

手に入れた余白の時間は、新たな行動の時間になる。

わたしはこれらのモノを手放すことで仕事終わりに3時間の何もしない時間を手に入れることができました。

Yoshi
Yoshi

余白の時間で好きな靴磨きをもっと追求できるようになったし、やってみたかった勉強もできる時間ができた!

モノを減らすと「無意味な時間の浪費」から「意味のある時間の投資」にかわります。

なので本当にやりたいことに集中できるようになったのがメリットだと感じました(^^♪

物欲がなくなる

ミニマリストになって感じたメリット②

物欲が無くなり、無駄にモノを増やす思考がなくなる。

モノが少なくなると自然に置き場が明確になり、必要量がわかるようになるからです。

この参考例として、工場などの現場で行われる「3S活動」があります。

薫池先輩
薫池先輩

3Sというのは「整理」「整頓」「清掃」の頭文字を取った活動のこと!

  1. 整理:必要なモノと不要なモノを仕分け、不要なモノを即時廃棄すること
  2. 整頓:モノのあるべき場所を明確化し、必要な量だけ置くこと
  3. 清掃:掃除すること

この3Sの考え方は仕事で学んだのでしが、断捨離でも共通する大切な要素だと思います。

モノの住所を作ることでその土地で管理できる規模を把握しやすくなり、無駄にモノを増やす思考がなくなりました。

モノを価値で考えるようになる

ミニマリストになって感じたメリット③

モノを価値で判断するようになった

というのも、ミニマリストになるとモノを基本増やしたくなくなるので、何か購入するときに必要性を吟味するようになるからです。

例えば最近の話だと、ハンガーの購入を検討していたことがあります。

【レビュー】スタイリッシュなMAWAハンガーを1年使ってみた感想【ミニマリスト愛用】 | ミニマリストはやのブログ
ドイツ生まれのMAWA(マワ)ハンガーはスタイリッシュなデザインです。そんなマワハンガーを実際に1年使って感じたメリットとデメリット、そしてどんな人に向いているハンガーなのかを解説します。ハンガーを統一させたい、おしゃれなモノを使ってみたいと思う人にはピッタリなハンガーです。
Yoshi
Yoshi

ハンガーが統一されるとスッキリ見えるし気持ちいいよな~…。

結論は買いませんでした。そのときのモノの吟味フローはこんな感じ。

  1. 購入意欲が高まる(ハンガーを統一したらスッキリしておしゃれになる)
  2. 時間を置いて考える(ハンガーの役割・自分の生活で不満はあるか)
  3. 吟味結果(ハンガーで困っていることはなく変えなくてもいい)

他にも家具の買い替えやガジェットの購入などいろんな購入意欲があると思います。

ミニマリストになってからは「欲しいから買う!」ではなく「これを手に入れたら自分の生活にどんなメリットがあるかな?」とモノの価値観で考えるようになりました。

Yoshi
Yoshi

本能で動かず理性で抑えて必要性を考えるようになったな!

まとめ

以上がミニマリストになって感じたメリット3つでした。

普通の方からすると、ミニマリストってなんか変わった人だなと思われるかもしれません。わたしも最初はこんな生活して楽しいのかな?と思ったりしてました(;’∀’)

ですが、ミニマリストになって4年間のうちに「身軽な生き方」を知りました。

必要なモノだけに囲まれることで、生活コストも下がり毎日が幸せに感じています。

薫池先輩
薫池先輩

生活レベルを下げれば幸せの閾値も下がるから、小さなことでも幸せを感じるようになるよね!

ミニマリストに興味がある方の参考になればYoshiは嬉しい( *´艸`)

これからもミニマルライフに役立つ情報や考え方を発信していきたいと思います。

ではでは✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました